株式會社松下商店・スワンソースほか



スワンを冠する商品がずらり。
ソース、カラシ、ケチャップ、マカロニーにフレークス(生パン粉)。
直輸入、の文言が見えるのに、国産、と謳われているものも。
マカロニーとともにある“スパーケッチ”の表記がなんともいい。

【昭和14年8月26日・大阪朝日新聞】
スポンサーサイト

上野製薬工業株式会社・フラスキン軟膏



すり傷、切り傷などに効く、フラスキン軟膏。
いわゆる、あいうえお作文でしょうか。
“フいをくらつて釘をふみ
 ラくな治療でやけどもOK
 スべつてころんだすり傷や
 キリ傷、突傷、できものが
 ン(ウ)マズに治る常備薬”。
名前に「ん」が入っているのに果敢に挑戦した心意気。
そして、右の男の子、そりゃ軟膏じゃ治らない怪我でしょう。

【昭和25年6月14日・朝日新聞】

大正製薬・ファイトで行こう! リポビタンD



コピーは“ファイトで行こう!”。
肝臓を守る内服薬、リポビタンD。
瓶のデザインは今と変わりがありません。
イメージキャラクターは、この年に首位打者を獲得したという、王貞治です。

【昭和43年5月31日・朝日新聞】

北奥製薬所・胃腸薬コストミン



たいてい、広告では商品名なりキャッチコピーなりが
まず、どんと書かれるものですが、これはそれがない。
代わりにというわけか、繰り返されるコストミンの列。
各種病に効きますが、丸薬と散剤との区別があるのがまた親切。

【昭和11年7月14日・松陽新聞】

株式會社桂屋商店・家庭染料 みや古染



社のサイトでは創業が明治23年、
現在も各種の染料を販売している、みやこ染ブランド。
時勢柄、古い布地を染め直して使おう、という意図から、
“買ふな新品 活せよ廃品!”

【昭和15年4月14日・松陽新報】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数