東京徳田商店・徳田 あせ知らず



赤ウチワ印というトレードマークと、徳田商店の名を継いで、
現在は紀陽除虫菊が発売している天花粉。
嬉しそうな赤ちゃんが“アセモタダレと湯上がりに!”。
缶入り、筒入りに布袋のラインナップ、それぞれ60円から30円。

【昭和28年6月11日・毎日新聞】
スポンサーサイト

株式会社大谷金庫店・堅牢無比 大谷金庫



堅牢無比の言葉通り、頑丈そうな金庫です。
効果線で扇状に飛び出す大谷金庫の文字も堂々と。
明治26年創業という大谷金庫本店のサイトを見ていて、
金庫の寿命が20年だということを初めて知りました。

【昭和12年4月2日・大阪朝日新聞】

株式会社鈴木日本堂・筋肉のこりと痛みに! トクホン



肩こりなどの貼り薬、トクホンの名前は、
江戸初期の医者に由来すると社のサイトにありました。
平成元年に社名をトクホンに変える前の鈴木日本堂の頃。
モデルは渡辺篤史さんですが、建もの探訪という番組が
有名なようで。どうも馴染みがないなと思ったら、Wikipediaでは
北海道は住宅事情が特殊なため、ほとんど放送されてない、と。

【昭和51年2月1日・朝日新聞】

味の素・天ぷら油



ちゃぶ台を囲んで、お父さんお母さんとその子供。
みんな箸にエビフライをもって、いえーい。
ほのぼのとした、家族の夕食の一コマです。
“美味しい天ぷら一家健康”ですから。

【昭和26年5月27日・産業経済新聞】

興和新薬株式会社・キャベジン コーワ



“キャベツから発見された胃腸薬!”であるキャベジンコーワ。
キャベジンのサイトでも、キャベツの絞り汁から見つかった
胃粘膜修復成分MMSC、ビタミンUが入っているとのこと。
1960年の販売開始から今に続く製品です。

【昭和36年6月18日・毎日新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数