コルゲート リボン煉歯磨



コルゲートという名の練り歯磨きのようです。
チューブは絵の具のようないかり肩の印象を受けます。
パッケージの見た目からすると、輸入品でしょうか。
欧風な女性のイラストからもそんな気がします。

【昭和7年1月6日・大阪毎日新聞】
スポンサーサイト

プロバック替刃



これはまるで、古代ギリシア人のような髭。
ここまで伸ばしたなら剃る必要もないかと思いますが、
“どんな剛い髭でも安々剃れ 普通替刃の三倍保つ”替刃。
価格は5枚で45銭、10枚で90銭。

【昭和7年6月13日・大阪朝日新聞】

池田商店・エスアイおしめ



おしめの広告です。実用新案特許のエスアイおしめ。
なのに、“おしめとカバーのいらぬ”。
衛生的で堅牢、優美なので外出用にも最適、しかも安価。
赤ちゃんのイラストに、ここがゴム、ここがガーゼと図解も親切。

【昭和7年6月11日・大阪毎日新聞】

大阪江戸堀 猪飼薬房・イカイ胃酸



猪飼薬房の胃腸薬でしょう、イカイ胃酸。
“胃病ならイの一番”との触れ込みです。
成分も何も分かりませんが、胃の形を模したイラストが、
いかにも胃に効きそうな感じを醸し出しています。

【昭和7年6月11日・大阪毎日新聞】

晃陽商會・羽衣カバー、蝿滅タンク



害虫駆除用品二種。羽衣カバーに蝿滅タンク。
羽衣カバーは、電灯にかける“透明質のハイヤリン製”カバーで、
灯火に集まる虫がよく捕れるというアイテム。
蝿滅タンクは、“ヒルム式蝿捕”=フィルムの蝿取りリボンと違い、
鳥もち付きの紐がタンクにおさまっているので、蝿がついて汚くなったら
切り取って、また紐を伸ばして使える、という衛生的なものだったようです。

【昭和7年6月17日・大阪毎日新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数