キッコーマン醤油・雨も涙も



“六月家庭風景 雨も涙も”と題した三コマ。
料理がうまくできず泣き崩れる若奥様に、
夫がキッコーマン醤油を教えると、たちまち上手に。
表情が生き生きとした、いい雰囲気の絵ですね。

【昭和7年6月11日・大阪毎日新聞】
スポンサーサイト

たんせきに 浅田飴



鼻と鼻とが触れあわんばかりの子供が二人。
“たんせきに浅田飴”。
文言として、他に書いてあるのは“空腹にめし”、
腹が減ったら飯を食え、たんせきが出たら浅田飴、ということですね。

【昭和8年4月30日・大阪朝日新聞】

舶来酒の脅威となれる サントリーウ井スキー



“舶来酒の脅威となれる”サントリーのウ井スキー。
ずいぶん洒落たコピーですので、そのまま原文を。
“半夜ちびちびグラスを舐めるとき
酔眼咫尺に酒の小人が
幻想舞踊の歩調(ステップ)を踏むだらうよ…”

【昭和8年12月30日・大阪朝日新聞】

明治製菓株式會社・明治ミルクキヤラメル



“薫風や朗らかなること明治ミルクキャラメルの
味にも似たる哉”。値段は大が8銭、小が4銭。
ちょっと後ろ足がX脚に見える馬に乗っているのは、
かごを背負った子供、でしょうか。

【昭和7年6月17日・大阪毎日新聞】

近藤利兵衛商店 神谷傳兵衛本店・蜂ブドー酒



“健康を望まば”食前にワインを。
食欲増進、消化を助け、血を増し、肉を肥やす。
元気回復、健康増進にも効くと、いいことずくめ。
ラベルに描かれるのは蜂そのもので、BeeBrandと。

【昭和7年6月17日・大阪毎日新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数