愛知時計電機株式会社・アイチの時計



明治31年が創業という愛知時計電機株式会社では、
現在はさまざまなメーター、計測機器類を製作しているようです。
モダンなデザインですが、手巻きの振り子時計らしい。
一月巻ということは、一回巻いて一ヶ月動く、のでしょうね。

【昭和36年5月3日・毎日新聞】
スポンサーサイト

大宮富士工業株式会社・キングダイナ T9IA型



今のスバルが作っていたバイクでしょう。
“産業人の実用車!”という触れ込みのキングダイナ。
走っているような効果線が描かれていますが、
ちょっと違和感を感じるのは、人が乗ってないからでしょうか。

【昭和30年3月5日・毎日新聞】

日立家庭電器販賣株式會社・日立トランジスタークロックラジオ



精工舎、セイコーの時計がついた7石のラジオ。
当時は“日本でタダ一つの”スリープ、タイマー機能のついたラジオです。
当時の傾向として、これも例外ではなく懸賞の賞品が破格。
一等は100万円の生命保険、2等でもカラーテレビか、なんと自動車。

【昭和36年6月18日・毎日新聞】

日立・ハイフォニックジュニア



小型の携帯ラジオ、ハイフォニックジュニア。
チューニングが合うと、それを知らせるサインが出るという
“光るラジオ!”。6,150円という値段も、その機能も
“現代っ子向”に最適、というのがコンセプトのようで。

【昭和38年12月23日・朝日新聞】

東京通信工業株式会社・東電工のテープコーダー



テープレコーダーは“声のカメラ”。
カメラで景色を写すように、音声が記録できる、
という意味でしょう。
一式49,000円のオープンリールのテープレコーダー。

【昭和30年7月13日・朝日新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数