大日本除虫菊株式会社・金鳥かとりせんこう



単色刷で渦を巻く線香の緑が見事。
金鳥のかとりせんこう、落ちていく蚊が効き目を物語ります。
50巻入った大箱が登場し、一箱で一夏大丈夫と。
線香立てのデザインは昔から変わらないんでしょうね。

【昭和40年5月9日・朝日新聞】
スポンサーサイト

効き目を強化 新処方 太田胃散



新処方により効き目が強化されたという太田胃散。
今と変わらず、胃の疲れや飲みすぎに効くありがたい薬。
分量はわかりませんが、150円と300円のラインナップ。
おなじみのロゴマークが心強く感じます。

【昭和42年5月14日・朝日新聞】

集英社・ノンノ non・no



昭和46年創刊というノンノは、この年一周年。値段は210円。
結婚特集号と銘打ち、ハワイのハネムーンなどをガイド。
石坂浩二、渥美清、中村敦夫など各氏の名前が見えます。
自己負担15万円でヨーロッパ19日間の取材をする特派記者も募集中。

【昭和47年4月5日・朝日新聞】

エステー化学工業株式会社・冷蔵庫脱臭剤 エアーフレッシュ



エステー化学の冷蔵庫脱臭剤。
名前はエアーフレッシュ、価格は200円です。
今でもありますが、こういう直方体の消臭剤、冷蔵庫に似合います。
水晶脳本舗、というのがちょっと分かりませんが。

【昭和42年5月14日・朝日新聞】

ウテナ男性化粧品・パンサー M・M・M・K



チックとは違い、簡単に使えるという整髪料。
名前はパンサーM・M・M・K、ちょっと長め。
思いのままの整髪ができ、時間もかからないといいます。
起用されたのは、穏やかなまなざしの高島忠夫さんです。

【昭和44年4月24日・毎日新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数