平本商行・夏向ボーシ



夏向きの帽子ですが、“ボーシ”と書かれると何とも。
麦わら帽、真田帽に紛れて特産の雑貨も。
帽子屋さんではなくて、いろいろ扱う商店なんですね。
くっきりと影を落とした帽子のイラストが実に夏らしい。

【昭和22年5月29日・朝日新聞】
スポンサーサイト

ランランラン グリコをもって・花見にグリコ



“ランランラン グリコをもって”花見にグリコ。
和装のお母さんに背広のお父さん、子供が二人、
当時の一般的な家族像でしょうか。
栄養十分なグリコは今と変わらぬ一粒300mです。

【昭和26年4月7日・毎日新聞】

バッチ メダル 帽章 ボタン・アキバ徽章



中学高校と学生服でしたので、
詰め襟に付ける徽章は懐かしい。
校章、クラスのほかに、委員の徽章もありましたね。
夏服は安全ピンで留める名札に付けてました。
思い出は尽きない徽章、“名声高い”徽章屋さんです。

【昭和22年6月24日・日本教育新聞】

浜松 日本楽器・ヤマハ ボタン式アコーディオン



楽器の中でもアコーディオンを扱った広告。
“プラスチックボデー”でボタン式の新発売商品。
価格は4,900円ながら、学校用は3,800円という設定です。
社名が日本楽器からヤマハに変わったのは昭和62年とのこと。

【昭和26年2月10日・毎日新聞】

日本麦酒株式会社・まるい苦み! ニッポンビール



コピーは“まるい苦み!”
サッポロビールの前身、ニッポンビールのビール。
“甘さと苦さがしつくりととけ合って、美しい泡の中に生きている”、
というのが旨さの秘密なんですね。

【昭和26年4月7日・毎日新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数