日立製作所・日立電氣洗濯機



“ゆとりある生活へ!”と呼びかける電気洗濯機。
洗濯の負担を減らし、毎日の生活に潤いがと。
上に飛び出ているのは絞り器、ローラーの脱水機ですね。
電気代も“100Wの電球を一時間つけた程”だそうです。

【昭和28年7月8日・毎日新聞】
スポンサーサイト

松下電器産業株式會社・ナショナル 民間放送型US-100型ラジオ



Wikipediaでみると、民放ラジオの中波放送は1951年から
スタートしたようです。この広告掲載は1年くらい早いながら、
それに備えて“愈々発売!”された受信機でしょうか。
真空管5球使用のUS-100型、お値段は7,300円です。

【昭和25年8月5日・毎日新聞】

三晃産業株式会社・サンコー風呂釜燃焼器



“18円30分で沸く”という風呂釜燃焼器。燃料は軽油、石油。
どんな風呂にも簡単に取り付けられると言いますが、
当時の風呂桶がどんなものだったのか分かりません。
イラストを見ると、外側にぽこっと取り付ける感じなのですが。

【昭和28年6月11日・毎日新聞】

チクマ産業株式会社 鈴木鋼板工業株式会社・スズキ石油コンロ



“石油器具の限界を飛躍した”という商品の数々。
調理用のレンジ、風呂釜に続いて、
“特殊大型燃焼器3升タキ”は炊飯器か。
オーブンを天火と呼ぶのも、最近は聞かなくなった気がします。

【昭和28年6月16日・読売新聞】

株式会社上島製作所・カミシマ石油風呂缶



石油を燃料とする風呂釜、風呂缶の名称です。
“10円でお風呂が沸く”、燃料代も廉価で“うれしい話”。
右下に何が書いてあるのかと見れば、
高さ50糎、直径28糎、重量15瓩。寸法と重さでした。

【昭和28年6月16日・読売新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数