勝山テレビラジオ製作株式会社・エムパイヤポータブルラジオ



“楽しみを片手にさげてどこへでも”というのは
持ち運びできるポータブルラジオ。
その後、ラジオはポケットに入る大きさになって、
今やスマートフォンでラジオが聞ける時代に。
銀色のアンテナをするするとのばし、
ダイヤルでチューニングしないとラジオという気がしません。

【昭和30年8月11日・朝日新聞】
スポンサーサイト

丸善・クリスマスカード



近年はずいぶんとクリスマス色も早まり、
11月初めにはすでに高速道路のサービスエリアで
クリスマスソングを聞き始めました。
12月に入ったあたりから鈴の音が聞こえるくらいで
十分なんじゃないでしょうか。
と思っていたら、昔もクリスマスカードの広告が
11月下旬にはもう出ていたんですね。

【昭和29年11月19日・読売新聞】

明治製菓・牛乳



明治の牛乳。
ただそれだけに、印象に残ります。
明治は明治39年に設立された明治精糖が始まりといい、
明治牛乳が発売されたのは昭和3年だそうです。

【昭和12年6月10日・大阪朝日新聞】

武田發賣・ノルモザン錠



タケダの胃腸薬、ノルモザン錠。
“吾医薬界の風潮を示すもの”を
象徴する風見鶏が描かれています。
何となく立体感がつかめない気が。

【昭和12年3月19日・大阪朝日新聞】

京都西川・毛布



これからの季節にはありがたい、
“軽くて温かい”という毛布。
地球に鳥を重ねたマークは、地球鳶印でしょうか、
鳥かあるいは燕と読むか。
右書きのロゴマークは、現在は逆になってるようです。

【昭和27年11月19日・朝日新聞】

不二家のミルキー・大相撲秋場所実況放送



見事な取り組みを見せる力士のかげから
顔をのぞかせるペコちゃんのアンバランス。
不二家の提供による大相撲秋場所の実況放送、
放送中の懸賞で一等10万円が当たります。

【昭和29年9月25日・読売新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数