日本航空・時は金なり!



“時は金なり!”。時短により、経費節減になると、
航空機の利用をすすめる日本航空の広告。
左上のDC-4という機体は、昭和38年には全機退役したとか。
東京札幌間は当時、3時間もかかっていたんですね。

【昭和31年11月18日・朝日新聞】
スポンサーサイト

三菱鉛筆・uni



鉛筆の中でも、高級なもの、というイメージのあるユニ。
ハイユニ、ユニスターのラインナップも記憶にあります。
受験用にはユニの鉛筆、がスタンダードだった気が。
赤紫の色が特徴ですが、緑色のトンボ鉛筆と二大巨頭なんでしょうか。

【昭和34年10月24日・朝日新聞】

小倉商事株式会社・ジョッキークラブ 競馬ポマード



どうやら今はもうないらしい銘柄のポマード。
“香水の役目を果す”という、自信の香り。
缶入りで大小の大きさがありますが、
もう一つ、「ラノ200円」と読めるこれは、サイズでしょうか。

【昭和37年5月28日・朝日新聞】

ヒゲタしょうゆ



お歳暮用の醤油。
一升瓶の化粧箱入りというスタイルもいいですが、
5リットル、9リットルの缶づめもすばらしい。
昔はうちでも一斗缶で醤油を買っていました。

【昭和33年12月17日・中国新聞】

ホップのきいたアサヒビール



ホップが効いている“本格のビール”。
麦芽を意味するマルツはドイツ語読みなんですね。
大ジョッキから今にもこぼれそうな泡が魅力的。
この年、朝日麦酒創業79年と右肩に記されています。

【昭和30年9月2日・朝日新聞】

東興製薬株式会社・太田胃散



「ありがとう、いい薬です」のフレーズでおなじみ、
胃腸薬の太田胃散。
ロゴの書体は現在とだいぶ似ているのですが、
太の字の点がちょっと下すぎて、間延びしてる気もします。

【昭和31年11月4日・中国新聞】

ライオン歯磨株式会社・ライオン歯刷子



毛先が丸いと言えば、毛先が球というCMを思い出しますが、
それは花王の製品で、しかも2010年に販売終了になってました。
この歯ブラシでは毛先だけでなく、全体の形状を見るに、
先端部の密生具合、毛足の微妙な長さの違いも特徴的です。

【昭和28年3月20日・朝日新聞】

トリスウイスキー・トリポケ旅行!



先頃、トリスウィスキーのキャラクター、
アンクルトリスを描いた柳原良平氏が亡くなられたとの
ニュースが届きました。
おなじみのイラストは古新聞を見ていてもたびたび目にします。
登場した昭和33年のものはすぐに見あたりませんでしたが、
翌年のポケット瓶の広告をひとつ。

【昭和34年10月24日・朝日新聞】

FUJIFILM・フジカG690BL、フジカコンパクト35



富士フイルムの中判と35mmのカメラ。
来日したというボーグ誌カメラマンのフランコ・ルバルテリ氏は
日本語のサイトではほとんど出てこないものの、
著名なフォトグラファーのようですね。

【昭和44年10月26日・朝日新聞】

阪急・大人も遊べる!ロータリーチェヤー



デパートの屋上の遊園地、子供の頃にもありました。
これは大阪梅田の阪急デパートに、新しい遊具
ロータリーチェヤーが登場したことを知らせてくれています。
電気木馬やスケートまで出来る場所だったようですね。
お中元の売り出し品のラインナップと値段にも注目ですが、
下駄がいっぱい。

【昭和23年8月7日・毎日新聞】

コルネット・ホゝ紅、口紅、アイシャドウ



“上品な魅力をそゝる”化粧品のラインナップ。
頬紅、口紅、アイシャドウが、各色取り揃えられています。
コルネットという金管楽器の名前を冠した社名かシリーズ名ですが、
なんとも、写真の女性の片目が影になってるせいで少し怖い。

【昭和11年6月7日・大阪朝日新聞】

三洋電機株式会社・サンヨーミキサー、アイスクリーマー



サンヨーのミキサーと、そのオプションであるアイスクリーマー。
うちにも昔、釜を冷凍庫で凍らせておいて、
そこに材料を入れてぐるぐる回すとアイスクリームができる
道具がありました。その電動版みたいなものでしょうか。
自作のアイスって味はまあまあでも、やっぱり作るのが楽しいですね。

【昭和30年7月24日・毎日新聞】

丸金金網株式会社・不老陶枕



検索するとオークションに出品されたこの枕が
ひっかかってきますが、それを見てもこの写真からも、
小さなタイルを敷き詰めたような枕らしいです。
“特許スプリング装置”に“通風空冷式スポンジゴム付”など、
大変手の込んだ枕だったようですね。
夏場には重宝しそうです。

【昭和30年7月22日・朝日新聞】

株式会社日東アルミニウム製造所・ミカド印アルミ製パーコレーター



いい質感のアルミ製パーコレーター。
ちょっとごつごつした感じがいかにも洋風っぽい。
パーコレーターの語になじみが薄いからか、
括弧で“コーヒー沸し”と。

【昭和28年9月9日・朝日新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数