ブラジル珈琲



ブラジルの豆を使った珈琲でしょう。
アイスとホット、両方の飲み方が勧められていますが、
すでにこの頃はアイスコーヒーも一般的だったんでしょうか。
説明を読むと、“一封度から六十杯”とれる、
“本部推奨の濾袋をご利用”と、今では聞かない言葉が出てきます。

【昭和11年6月14日・大阪朝日新聞】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数