懐中薬仁丹本舗・半煉の仁丹、仁丹の歯ブラシ



“歯には半煉”という歯磨き粉と、歯ブラシの
両方を宣伝するものでしょうか。
言わずとしれた仁丹の歯磨きラインナップのようです。
味のある缶には“壱缶の使用四十五日”とあるので、
一月半は持つ歯磨き粉だったようで。
“流石新しく研究された合理的な歯磨だけに”と、
自分のことながら「さすが」と言ってしまうあたり、自信のほどが伺えます。

【昭和9年3月6日・読売新聞】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数