ライオン歯磨



“愛で育くみ智で磨け”とはいい言葉。
端午の節句頃のライオン歯磨き広告です。
凛々しい顔付きの男の子が二人、
鯉のぼりの棹が歯ブラシというところがまたいいですね。

【昭和11年5月2日・読売新聞】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数