協和魔法瓶工業K.K.・象印ファンシーヂヤー



象印のファンシージャー。ジャーがヂヤー表記です。
電子ジャーが登場するのはもっと後のことらしいので、
このご飯を保温するジャーは魔法瓶的なものと思われます。
当時のトレードマークは、王冠をかぶったリアルな象。
15時間の保温能力を持ち、ご飯もおいしくなるその秘密が
“「特許つゆ取り」がついているだけなんですが…”と控えめ。

【昭和31年11月6日・朝日新聞】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数