三益煉炭



円筒形の形状に、穴の開いた練炭が背景のイラストに。
品質日本一と謳われる練炭。
“お台所にぜひ御使用を”というので、
練炭は日常的に調理に使われていたことがわかります。
売り出し中という“獨特の火鉢とストーブ”も見てみたいものです。

【昭和15年5月8日・大阪朝日新聞】

日本映画社・日本ニュース



戦時中、映画の前に流れていたという日本ニュース。
1939年にできた映画法で、このニュース映像は
必ず流さなければならなかったと、Wikipediaにはあります。
ニュースとはいえ、やはり映画なので封切なんですね。

【昭和19年5月3日・西日本新聞】

東京芝浦電氣株式會社・マツダランプ



明るさは変わらず消費電力が削減。
現代でも同じような文句を十分目にします。
“電力をお國へ捧げませう”として、
省エネ型電球を推奨する広告です。

【昭和17年10月30日・大阪毎日新聞】

味の素本舗・味の素



“食が進めば闘志も高まる”という、味の素の広告。
“働くには先づ飯”というのは今も昔も変わりません。
後ろから光が当たる人物の描き方、当然ですがプロですね。

【昭和12年9月19日・山陰新聞】

寶製薬株式会社・薬用アミノ洗粉



洗顔のためのもののようですが、戦時中とあって、
逞しき決意美を示そうと謳われています。
しかしこの新聞は6月のもの、
「この秋にこそ」とか「春先の吹出・ニキビや…」とか、
いつの季節なのかいまいちはっきりしません。

【昭和19年6月13日・島根新聞】
プロフィール

Tet.

Author:Tet.
捨てられそうになっていた昔の新聞を拾ってきました。懐かしい昭和の新聞広告をご覧下さい。気まぐれに、ぽつぽつと増やしていきます。古いものが好きな方は「昭和モノグラシー」もどうぞ。

ここはどこまでも空のサイトページです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来館者数